ふぁんき~らいふ
ひびの生活の中での出来事を綴っていきたいものです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルー・クライム…真夜中の死線

真夜中の死線久しぶりにテレビ朝日を見ていたら、本日の日曜洋画劇場は以前から気になっていた作品「トゥルークライム」とのお知らせが目に入りました。この作品は結構私が好きな作家の一人としてチェックしているキース・ピーターソンがアンドリュー・クラバン名義で書いた「真夜中の死線」というミステリーの映像化だったりします。
『セントルイス・ニューズ』のエヴェレットは、事故にあった同僚の代わりに、その夜死刑になる男へのインタヴューを担当するよう命じられた。ところが下調べを始めると、事実関係に不審な点が浮上してくる。これは無実では? 雰時一分の死刑を止めるべく不埒な記者が夜の街に必死の活動を繰り広げる、絶妙の時限サスペンス!

事故にあった同僚と簡単に紹介記事では書いてありますが、この同僚のエピソードは結構とんでもない話で、物語の前半は実を言えばこの同僚…新人で野心に燃えた女性記者が死ぬまでの顛末が大きく占めていたりします。

ちなみに、映画ではパトカーとカーチェイスをやらかしたエベレットことクリントイーストウッドが彼女の事故現場となった市のカーブで派手なカーアクションを繰り広げた末に一言云って見ているものを思わずにやりとさせてくれます。
真夜中の死線
アンドリュー クラヴァン (1999/11)
東京創元社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

ふぁんき~

2006.04.03 09:36 柴崎

  • Author:ふぁんき~
  • 日々を脳天気に過ごしている私の日常を綴っていきたいと思います。

    友達が少ないのが弱点らしい

    いつかチェンマイ辺りに根を下ろしたいという野望があるとかないとか…

    すっかり桜が満開になりました
  • 撮影:2006.04.03 09:36 柴崎

来訪者

入場中

現在の閲覧者数:

本日のお勧め

アフィリエイトはここからスタート!LinkShare

mini Game

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。